11月チャペルコンサートを終えて

珠玉の如く ヴィヴァルディ音楽が時を紡いだ。

心動かすメロディ・ハーモニー・リズムが、聴衆を沸かせて止まない。演奏者をも熱くさせる。これこそが ヴィヴァルディの魅力である。

今回は、復帰して間もないN嬢が ソリストとして登場した。2本のチェロのコンチェルトである。
痛さが未だあるはずなのに それを感じさせない、丁寧な演奏であった。
気遣うように寄り添うY嬢との2楽章は、いつまでも聴いていたいくらい素敵であった。

今後、ヴィヴァルディは シリーズ化するようである。お楽しみの演奏会が また増えた!!

Farbe庵

DSCF8820.JPGDSCF8839.JPGDSCF8845.JPGDSCF8858.JPGDSCF8865.JPGDSCF8880.JPGDSCF8885.JPG2017.11.20
2017.11.21 2017.11.24